グループ案内

咲くふぁ福岡とは?

 さまざまな理由により学校へ行けなくなった子どもたちとその家族の方々に、その苦しみが緩和され、生きていきやすくなるようにサポートをさせていただくことを目的としています。

 「咲くふぁ」は、Support Absentee Children and their FAmilies(登校できない子どもと家族を支援する)の頭文字の読み方(SACFA)と、「家族が咲く(咲くファミリー)」という願いを合わせたものです。

 トップページの写真に使っているシンボルフラワーのアガパンサス(Agapanthus)は、ギリシャ語の「agapae(愛)」と「anthos(花)」の合成語で、「愛の花」という意味です。梅雨時に紫色または真っ白な小花がりりしく空に向かって咲きます。子どもたちが伸びゆくイメージを重ねました。


 

スタッフ紹介

スタッフ紹介(3人が中心となって活動しています。名前の後ろはブログのハンドルネームです。)

【代表】鈴木久仁子(くにトラ)
1962年生まれ。福岡県出身。二男の母。
行動力は破壊的。「咲くふぁ福岡」結成のきっかけを作る。
大学時代落語研究会に所属していた過去を持ち、リズムある喋りをなす。
(酒の席では時にオチにたどり着かないこともある。)
教育学を研究中。「咲くふぁ福岡」一の勉強家。
ビールをこよなく愛す。前川喜平氏を尊敬している。

 

 

藤野早苗(さなトラ)
1962年生まれ。山口県出身。一女の母。
歌人。歌集『アパカバール』『王の夢』。
短歌ブログ「南の魚座〜福岡短歌日乗〜」
歌人のイメージそのまま、いつも和服で登場の「咲くふぁ福岡」ランドマーク
的存在。
筋金入りのQueen、フレディ・マーキュリーのファン(ファン歴は40年以上)。
映画「ボヘミアンラプソディー」は映画館で7回鑑賞。フレディ・マーキュリ
ーのことはさなトラにお任せください。

 

水元晶子(しょこトラ)
1962年生まれ。宮崎県出身。二男一女の母。孫2人。
中学、高校、大学でバスケットボール、結婚後はママさんバレーボールをたし
なんだ体育会系。現在は激しいスポーツは引退、孫を抱っこするため筋トレの
毎日。
ウオーキング、散歩中にiPhoneで写真を撮ること、料理を作って大人数で飲み
食いすること、絵本を見ること、絵を描くこと等、統一性のない趣味を持つ。
二十歳から忌野清志郎の信者。


沿革

2018年03月 グループ創立
2018年03月 本サイト創設
 

運営理念

 不登校に苦しむ子どもやその家族の悩み苦しみに寄り添い、不登校当事者の家族であった経験を活かし、不登校に対する諸問題について考えていきたいと思っています。